有限会社ひまわり

パーキンソン病の歩行を改善!訪問マッサージで効果的な運動療法をご紹介

お問い合わせはこちら

パーキンソン病の歩行を改善!訪問マッサージで効果的な運動療法をご紹介

パーキンソン病の歩行を改善!訪問マッサージで効果的な運動療法をご紹介

2023/12/05

パーキンソン病の症状に歩行困難がある方々にとって、日常生活において大きな負担となっています。しかし、訪問マッサージを受けることで運動療法を行うことができ、歩行改善に繋がることがわかりました。今回は、パーキンソン病の方に効果的な運動療法を訪問マッサージの観点からご紹介します。

目次

    パーキンソン病とは?

    パーキンソン病とは、脳の神経細胞が次第に死滅することで、手足の震えや筋肉のこわばり、身体のバランスの崩れなどの症状を引き起こす病気です。主に中高年に発症することが多く、発症の原因はまだ解明されていません。 パーキンソン病の初期症状は、手足の震えやこじる感じ、筋肉のこわばり、身体のバランスの崩れなどです。病気が進行するにつれて、ふくらはぎの痛みや、姿勢の変化、表情の乏しさなども現れます。治療法としては、薬物療法やリハビリテーションがあります。また、医療マッサージによる症状緩和効果も研究されており、定期的なマッサージで筋肉の硬直を和らげたり、血行を促進して症状の改善につなげることができます。早期発見、早期治療が大切ですので、症状に気づいた場合はすぐに専門の医療機関を受診することをおすすめします。

    訪問マッサージとは?

    訪問マッサージとは、あん摩マッサージ指圧師が利用者の自宅や施設を訪問して、医療マッサージを提供するサービスです。身体的な痛みやストレスなどの理由で外出が難しい方や、介護が必要な高齢者などに利用されています。訪問マッサージは、自宅や施設の中で受けることができるため、外出する手間や移動時間を省くことができる利点があります。また、利用者に合わせたプログラムを提供している場合もあり、一人一人のニーズに合わせたマッサージが受けられることも魅力の一つです。最近は、コロナ禍により自宅での過ごし方が増え、訪問マッサージの需要が高まっています。訪問マッサージは、利用者にとって身体的・精神的なメリットがあるだけでなく、あん摩マッサージ指圧師にとっても活躍の場が広がることが期待されています。

    歩行改善に効果的な運動療法

    訪問マッサージを行っていると、お客様から歩行が良くなったという声をよく聞きます。歩行改善には、運動療法が効果的です。具体的には、筋力トレーニングやバランス運動などを取り入れることが大切です。 筋力トレーニングは、脚の筋肉や背筋を鍛えることで、歩行を支える力を強化します。バランス運動は、足腰の筋肉を使いながら体のバランスを保ち、歩行時の転倒予防にも繋がります。 訪問マッサージでは、患者様一人ひとりの状態に合わせた運動療法を提供することが大切です。マッサージやストレッチなど、柔軟性や関節可動域を改善する施術も併用することで、より効果的な歩行改善が期待できます。 歩行改善は、日常生活において大きな変化をもたらすことがあります。訪問マッサージの専門家として、お客様一人ひとりのご要望に応えながら、歩行改善につながる運動療法を提供していきたいものです。

    筋力向上に必要なマッサージ

    筋力を向上させるためには、適切なトレーニングと十分な栄養補給が欠かせませんが、マッサージも忘れてはいけません。マッサージによって、筋肉の緊張をほぐし、血液循環を促進し、筋肉を柔軟にすることができます。また、疲労回復やストレス解消にも効果的です。 訪問マッサージサービスでは、自宅や施設などで、国家資格を持つあん摩マッサージ指圧師によるマッサージを受けることができます。患者様のニーズに合わせて、リラックス効果を重視したリラクゼーションマッサージから、筋肉が凝り固まっている部位の筋膜リリースまで、様々なコースを用意しています。 マッサージを受ける前には、必ず希望するコースや身体の状態をマッサージ師に伝えましょう。また、トレーニング後のマッサージは、筋肉が熱を持っている状態で行うと効果的です。しっかりと筋肉を伸ばすことで、ケガの予防にもなります。 筋力向上にはマッサージも欠かせないことを覚えておきましょう。訪問マッサージサービスを利用して、身体の疲れを癒し、筋肉を健康に保つことが大切です。

    パーキンソン病患者におすすめのストレッチ

    パーキンソン病は、運動機能障害を起こす神経変性疾患です。そのため、パーキンソン病患者にとって、ストレッチやマッサージは非常に重要です。訪問マッサージサービスを提供している場合は、パーキンソン病患者におすすめのストレッチをご紹介しましょう。 まず、肩や背中、膝などの筋肉の伸ばし方を教えます。また、手首の屈曲、口角の上げ下げなど、パーキンソン病患者が日常生活で使う部位についてもストレッチを行います。これによって、筋肉の硬さを緩和し、運動機能の改善を目指します。 さらに、呼吸法や瞑想などのリラックス方法も指導します。パーキンソン病患者は、筋肉の硬さや身体の震えに悩まされることが多いため、ストレスが蓄積しやすくなっています。リラックスすることで、ストレスを解消し、身体全体の緊張を和らげる効果が期待できます。 訪問マッサージサービスを提供する上で、パーキンソン病患者に対するスキルアップは必須です。パーキンソン病についての知識を深め、患者様に合わせたストレッチやマッサージを提供することで、より効果的なケアを提供することができます。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。