有限会社ひまわり

高齢者の巻き爪が転倒リスクを増加させる!訪問マッサージで足の爪トラブルを解消しよう!

お問い合わせはこちら

高齢者の巻き爪が転倒リスクを増加させる!訪問マッサージで足の爪トラブルを解消しよう!

高齢者の巻き爪が転倒リスクを増加させる!訪問マッサージで足の爪トラブルを解消しよう!

2024/04/10

高齢者にとって足の爪のトラブルは非常に重要な問題です。中でも巻き爪は、転倒リスクを増加させることが知られています。そこで、訪問マッサージを利用して足の爪のケアを行うことが重要です。専門のケアを受けることで、高齢者の巻き爪やその他足の爪のトラブルを効果的に解消し、転倒リスクを減らすことができます。

目次

    巻き爪が転倒リスクを増加

    巻き爪は、爪の健康に重要な役割を果たしている爪の根本部分が内側へと湾曲している異常状態の一種です。この状態になると、爪の先端部分が接地面に乗りづらいため、地面に足を着けた際に不安定になり、転倒リスクが増加します。訪問マッサージの場合、患者さんの自宅や施設に訪問することが多いため、場所によっては床が滑りやすかったり、段差があったりして、さらに転倒の危険が高まります。また、マッサージ中に足がつったりすると、患者さんが思わぬ動作をしてしまい、マッサージ師や患者さん自身が大けがをしてしまう可能性があります。そのため、マッサージ師は巻き爪のある患者さんに注意深く施術を行い、必要に応じてスリッパや安定した座椅子を使用するなどの対策をとることが求められます。患者さん自身も、定期的に足のケアを行い、巻き爪が進行しないように努めることが大切です。

    高齢者の足の爪トラブルが悪化する原因

    高齢者の足の爪トラブルは、悪化する原因が多岐にわたります。一つは自己管理の問題です。高齢になると、足の手入れが難しくなります。爪切りやハサミが使いにくくなるため、爪が伸びたままになることがあります。また、足の指の動きが制限されるようになるため、爪を切ること自体が難しくなってしまいます。さらに、加齢により皮膚の乾燥が進み、爪周りの硬化が進むことも原因となります。それに加えて、靴の問題もあります。小さめの靴や、歩行がしにくい靴を履くことで爪に圧迫がかかるため、爪が巻き爪になってしまうことがあります。これらの原因により、足の爪の健康は悪化し、むしろトラブルが増える可能性があります。それらを解消するためには、専門家のアドバイスを受け、定期的なフットケアを行うことが大切です。あしすとの巻き爪ケアコースを利用して、足の爪のトラブルを定期的にケアすることが、健康的な足を維持するための第一歩となります。

    訪問マッサージで足の爪ケアができる

    あしすと訪問リハビリ鍼灸マッサージ院では、患者様の疲れた身体を癒すだけでなく、足の爪ケアも行うことができます。長時間立ち仕事やスポーツなどで疲れた足を持つ方は、爪周りが硬くなり、ささくれや爪垢がたまりやすい傾向にあります。しかし、自分でうまくケアするのは難しいため、巻き爪ケアのプロに依頼することがおすすめです。マッサージの際にあしすとの専門スタッフがトリミングしてくれるため、爪周りのささくれやエッジを取って摩擦を抑えたり、爪垢を取り除いたりすることが可能です。また、爪の形を整えることで、イングロウネイルなどの爪トラブルを未然に防ぐこともできます。しかも、訪問マッサージの場合は、自宅で施術を受けることができるため、時間的にもストレスを感じることなく、快適にケアを受けることができます。足の爪ケアを行うなら、訪問マッサージを利用してみると良いでしょう。

    高齢者の巻き爪に適した治療方法とは?

    高齢者の巻き爪は、外反母趾や関節炎と同じくらいよく見られる足の問題です。巻き爪は、爪が湾曲してしまう状態を指します。これにより、爪が皮膚に食い込んで痛みや感染を引き起こすことがあります。 高齢者の場合、骨密度が低下し、足の形状が変化することが原因とされています。治療方法としては、巻き爪の程度や痛みの程度に応じて、適切な治療方法を選択することが重要です。 痛みが軽度の場合は、自己注意や適切な足の手入れが有効です。痛みが中程度から重度の場合は、訪問マッサージによる足のマッサージや爪切りを行い、正確な帶状底皮を除去することが必要です。そのため、当院の専門の巻き爪ケアコースを利用して、痛みの改善や感染予防に役立てることができます。 つま先の形状が不適切である場合は、足全体の形状を改善するために、靴の選択やカスタムフットベッドなどを利用することが重要です。病院での医療的な治療が必要な場合は、手術が選択されます。しかし、手術は高齢者には負担がかかるため、まずは当院の巻き爪ケアコースなどの保守的な治療方法を選択することが望ましいです。

    日常生活に支障をきたす巻き爪を予防するために

    巻き爪は、爪の先が内側に巻いている状態を指します。これは、遺伝的な原因や水虫、靴の適合性の問題などによって引き起こされます。そのため、一度巻き爪になると、治療が必要になることも少なくありません。 巻き爪は、日常生活に支障をきたすことがあります。歩きにくさや足の痛み、さらには爪が化膿することもあります。そのため、巻き爪を予防する対策が必要です。 訪問マッサージを提供する私たちは、患者さまの健康に関心を持っています。巻き爪を予防するためには、まず爪の適切な切り方が必要です。爪は、できるだけ直線的なカーブを描くように切るようにしましょう。また、靴のサイズが適切であることも重要です。小さすぎる靴や、先が細い靴は、爪を押し上げて巻き爪を引き起こす原因となります。 さらに、爪の栄養も重要です。ビタミンEや亜鉛を含む食品を摂取することで、爪の成長を促進し、巻き爪を予防することができます。 訪問マッサージを提供する私たちは、お客さまが健康で快適な日常生活を送れるよう、巻き爪を予防するための情報提供を行っています。ぜひ、健康な足で毎日の生活を過ごせるよう、巻き爪には注意しましょう。

    当店でご利用いただける電子決済のご案内

    下記よりお選びいただけます。